東京都住宅供給公社の古いマーク
2015.10.07 Wednesday 00:30
以前、東京都住宅供給公社の古いマークのついたマンホールを紹介しました。( http://caeruleaa.jugem.jp/?eid=2576

このマーク付いた団地を発見しましたので報告します。

東京都住宅供給公社豊島町住宅(1972年11月築)
マ 公社 IMG_0058.jpg

遠くから見て、あれは!!!と大興奮。
行こうとしていたラーメン屋さんへの道を外れて接近。

マ 公社 IMG_0060.jpg
近づきすぎました・・

マ 公社 IMG_0062.jpg
古い蓋はこれぐらいで。
マーク付きのマンホールがあれば良かったのですが。

この日は小ネタ的収穫が更にありまして。
マ 公社 IMG_0067.jpg
制水弁などの小さな蓋の裏側。
菱形の中に「KIS」とあるのでしょうか?K|S かも。

マ 公社 IMG_0041.jpg
以前教えていただいた、金属製の都章付き側溝の蓋。
右下のほくろのような点をよく見ると。。
マ 公社 IMG_0043.jpg
都章の中に「下」の入った刻印が打たれています。

もう一枚見つけましたが、摩耗していていたため
この刻印は見えませんでした。。



| caerulea | マンホール | comments(0) | - | pookmark |
電気地紋 その2
2015.10.01 Thursday 00:12
前回の「電気地紋 その1」の続きです。
http://caeruleaa.jugem.jp/?eid=2692

建設省と国土交通省の共同溝のマンホールの蓋、4種類。
真上から写しておらず、また後日と撮ろう思っていたものばかり・・

前回「電気地紋 その1」で取り上げたタイプの、
一番外側の(○と線が繋がっている)周に
もう一段付け加えた形です。共同溝タイプと呼んでも良いかな?


建設省共同溝
電国B P1140026.jpg
なんとも味わいのある文字。
6時の方向にある丸は何なんだろう。

建設省 共同溝
電国B P1110356.jpg


建設省共同溝 東京電力地中電線路
電国B P1050840.jpg


国土交通省共同溝 東京電力地中電線路
電国B P1110571.jpg

| caerulea | マンホール | comments(0) | - | pookmark |
電気地紋 その1
2015.08.21 Friday 09:42
今年の夏休みの宿題、電気地紋のマンホールコレクションをまとめて並べます。


まずは、みんな大好き六萬ボルトの蓋@上野公園から。

●東京文化会館 「地中送電線六萬ボルト」(1961年竣工)
電A’六萬ボルトIMG_2285.JPG
ふっくらした都章。

都章の部分がギザギザした東京電力の旧マークが入っている蓋もあります。
東大駒場キャンパスと、板橋区内の交差点の横断歩道近く(交通量の多い所なので詳しい場所の記載は控えます。

また、都営地下鉄の大門駅の近くに、交通局のマークの入った蓋があります。
私はどちらも実際に見てないので、今後行きたい蓋リストに載せておきます。

都立の公園では「低圧」「高圧」のマンホールを見ることがあります。
電圧と名称について調べようとしましたが(いきなり余談)
電力会社によって電圧階級(電圧の違いによる階級の名前の付け方)に微妙に違いがあるので省略しますw
超超高圧、超高圧、高圧、低圧。
鉄塔マニアの方、送電線の業者さんのページなどで情報が得られます。。
鉄塔も見ている分には好きなのですが。
いろんな種類があるのですね。(ここにも危ない沼がある


●虎ノ門電気ビル(1962年竣工)
電A虎ノ門ビルIMG_4753.JPG
時計で例えると6時と12時のところに穴が開いているのが特徴。
ちなみに駒場/板橋の六萬ボルト蓋も大門駅の交通局の蓋も、この穴があるタイプです。

●気象庁 「電 気象庁」(1964年竣工)
電A気象庁IMG_1175.JPG


●国立劇場(1966年10月竣工)の「文電話」と「文電力」
電A文電話IMG_1360.JPG

電A文電力IMG_1349.JPG

●神宮外苑(聖徳記念絵画館前の植え込み内)

この蓋を発見し、
「外苑地中線路」と文字を読み取るまでの経緯を記載した
素敵な蓋探索仲間のページがこちらです。→http://blogs.yahoo.co.jp/yumenoirigutide/33896930.html

電A 外苑 IMG_0903.jpg

この外苑蓋は判別しがたいのですが、
ここから下にあげる蓋については一番内側の孔同士を繋ぐ線が丸びを帯びていない
という点で上の蓋とは若干デザインに違いが見られます。


●東京大学 本郷キャンパス
電C IMG_4808.jpg

●都営地下鉄大門駅(芝大門2丁目つるやゴルフ近く)
電A 大門 IMG_0743.jpg

●渋谷区役所旧庁舎(1936年12月竣工)
電A 渋谷 IMG_1006.jpg

●国会議事堂 衆議院の「衆 電気」(1936年竣工→マンホールは後年に設置か?)
電A衆IMG_2633.JPG




●外務省 「電 外務省」(北庁舎1960年竣工、南庁舎1970年竣工。
この写真は南庁舎前。財務省との間の坂道から撮影)
電A外務省RIMG0980.JPG
穴を繋ぐ線が細い。

以下2枚は、五重の蓋。
●国会議事堂「衆 電気」衆の字が大きいバージョン
電衆B IMG_2647.JPG


●東京国立博物館(1937年竣工→マンホールは後に設置か?)
電A東京国立博物館IMG_6004.JPG

今回は各円周上に穴のある蓋を集めました。
穴を繋ぐ線の太さや穴と線をつなぐ部分の丸みの有る無し(?)で
見た目の印象が微妙に違います。それがメーカーの違いなのか
会社は同じでもデザインの違いなのかは分かりません。
そのあたりも含めて見ていると面白いと思います。

続きはまだ書いて無いので、またいつか。



| caerulea | マンホール | comments(0) | - | pookmark |
東京市章の消火用吸水孔
2015.06.06 Saturday 11:19
 
原宿近辺で暗渠化されている渋谷川に、蓋ファン必見の消火用給水孔の蓋が2枚ある。
東京府の府章が付いたものは、現時点ではこの2枚だけ。 
渋谷 給水孔 IMG_6579.jpg

渋谷 給水孔 IMG_6580.jpg
この開口部からポンプ?(詳しくは分からない)を下ろし、
川の水を吸い上げて消火に使う、ということのようだ。
実際使用している写真があれば良いんですが。。

渋谷川にかかる八千代橋があったこと、そして珍しい蓋があることも、
ここを通る人はほとんど知らないだろう。
渋谷 給水孔 IMG_6581.jpg


そして先日、イングレスのミッションで通りかかった港区芝浦2丁目の浦島橋で
新たな発見が!!
浦島橋 IMG_6510.jpg

まずは初めて実物を見て興奮した、甲止の蓋。
甲型止水栓のことらしい。
甲型があれば乙型もある。
詳しいことは良く分かりません。
甲止 IMG_6509.jpg


そして見たことの無い蓋がある・・
橋の両側に2枚。(最初は1枚しか気づきませんでしたが)
給水孔 RIMG4892-1.jpg

給水孔 RIMG4900-1.jpg
この蓋のある車道の両側に細い歩道の橋が架けられていて、
そこから撮るのでこんな状態になってしまいます。


「消火用吸水孔」です!!!
東京府のマークではなく、東京市章。
(橋の竣工は昭和13年なので東京市章ということになります。)
給水孔 RIMG4893-1.jpg

橋の中央付近には右書きの制水弇。
このタイプは私としては新発見。
制水弇 RIMG4895-1.jpg


消火用吸水孔に詳しい蓋探索者仲間のrzekaサマ(http://rzeka.blog88.fc2.com/)から
グーグルマップを見たら2枚あるようだけどという指摘があり。。
翌日本当に2枚あることを確認した次第です(>_<)
信号待ちの車の下に隠れていたんだわ・・相変わらず詰めが甘いです。

そして川沿いに遊歩道があることにも初日は気付かなかった。
下から見ても、穴が開いているようではありませんでした。
補修されて埋められたのでしょうか。
浦島橋の裏 IMG_6577.jpg



善福寺川に架かる和田廣橋にも東京市章の蓋があるということで
早速行ってきました!
なんと2011年に報告されていました。(http://blogs.yahoo.co.jp/yumenoirigutide/29666406.html


善福寺川と神田川の合流地点の近くにある橋です。
和田廣橋 IMG_6633.jpg

この橋には1か所だけ設置されていました。
和田廣橋 IMG_6634.jpg
こちらは正方形。鍵穴の形も違います。


古い橋には、まだ吸水孔の蓋が残っているかも???

| caerulea | マンホール | comments(0) | - | pookmark |
油槽の蓋
2015.05.30 Saturday 16:46
 路上や建物の敷地にある丸い蓋には近寄ることにしていますが、
「ああハズレだわ」とスルーしていたのが油槽の蓋。
しかし先日ちょっと話題になったのを良い機会として今後は撮ることに決めた。

いや待てよ、今までも何枚かは撮ってたはずだとアルバムをほじくり返すと
6枚出てきましたよ・・ピカサに上げてないのがあったぐらいの無関心ぶり。カワイソウ。

ここから注入されるのは、建物の暖房や給湯のためにボイラーで使用する燃料。
(A重油??注入しているところを見たことが無いのですが・・・)

(1)給油口
油 P1140033.jpg

(2)油槽 WPMK-70DW 300-5000K
                  WPMK-70DW 700-5000K
            KOHGIKEN CO. 
油 IMG_0354.jpg

(3)油槽 WPMK-80DW 300-5000K
      WPMK-80DW 800-5000K
      KOHGIKEN CO. 
油 IMG_0353.jpg

(3枚とも 株式会社 工技研究所)


(4)油槽 NYC (会社名は不明です。)
油  IMG_5573.jpg


(5)DAIICHIKIZAI CO.LTD
    (第一機材株式会社 ?)
油 IMG_7965.jpg


(6)SHOWAKIKI  NM-300s
(昭和機器工業 株式会社 ?)
油 P1130252.jpg

一面にびっしりと貼った丸いタイルの空間に、
盛り上がった小さな山と蓋が面白いなと思って撮りました。

ここは銀座の外れの有名なビル。
中銀 P1130247.jpg

中銀カプセルタワービルです。

撮った時はこんな名前でしたがw 「中銀カフセルタワーヒル」
3年前の写真なので、もう正しい名前に戻っているかもしれませんね。
中銀 P1130245.jpg

じっと見てると痒くなりそうなタイルの群れです。
なんだか雑な感じもする・・・
中銀 P1130251.jpg

また油槽の蓋らしきものを見つけたらUP予定。



| caerulea | マンホール | comments(0) | - | pookmark |
新宿御苑2015春 越境蓋
2015.03.22 Sunday 00:03
ソメイヨシノの開花宣言の前に行っておかねばと思っていた新宿御苑。
間に合いました。

15℃ぐらいあれば曇っていても散策できますね。
新宿御苑2015 IMG_5124.jpg

まだ冬景色のようですが・・
新芽の準備は整っているようです。
新宿御苑2015 IMG_5117.jpg


ちょっと花が咲いている木には、人がワラワラ取り付いています。
新宿御苑2015 IMG_5128.jpg

地味めな花には誰も寄り付かず。
新宿御苑 IMG_5127.jpg

早咲きの桜。もう葉桜です。
新宿御苑2015 IMG_5121.jpg

ところで新宿御苑のマンホールといえば、これ。
マ 新宿御苑 IMG_1766.jpg

もう1種類、土に埋もれそうな、新宿御苑の銘の入った鉄蓋がどこかのブログで紹介さえていたような気がしたのですが。。
いま検索しても出てこない。ネットの海に埋もれたのか?

そして今回見つけたもの。
マ 新宿御苑 IMG_5118.jpg
愛知県大府市からの越境蓋でした。









| caerulea | マンホール | comments(0) | - | pookmark |
都営三田線のハンドホール
2015.03.10 Tuesday 00:02
すっかりイングレス三昧の日々を送っております。
別テーマで歩いた場所をゲームで再訪することが多く、
前回とは違った見方で歩くのも楽しいものだなと感じています。

そんな中で見つけた1枚。

東京都交通局の車両が描かれたハンドホールといえば
荒川線の梶原の蓋が有名ですね。

荒川線マンホール.JPG


そして今回、都営三田線のハンドホールを見つけました。

三田線ハンドホール IMG_4819.jpg

絵ではなくて、写真です。(拡大)
三田線ハンドホール IMG_4819-1.jpg

交通局さん、こんな素敵なものをこっそり作成されていたなんて。
イングレスのミッションで三田線の駅27か所の近辺を歩きましたが
(さすがに駅間は1日パスで電車移動することが多かったですが)
このハンドホールはここでしか見つけることができませんでした。

電車のマンホール(これはハンドホールですけれど)って妙に興奮しますね。
他の路線でもあるのなら、絶対見ておきたい。。

場所は、北区滝野川6丁目。
明治通りと国道17号の交差点(西巣鴨)近く。
三菱東京UFJ銀行滝野川支店と隣の小学校の間あたりでした。




| caerulea | マンホール | comments(0) | - | pookmark |
武蔵村山市のマンホール
2015.01.02 Friday 23:36
武蔵村山市のマンホールとハンドホール。

JIS蓋はこれ一枚しか見つからず。
他は雨水や汚水の文字の入ったメーカー蓋でした。
影が入るので変な角度から撮ったらやっぱり斜めってる(>_<)
村 IMG_2268.jpg

武蔵村山市の市章は「ム」と鳩の形に図案化したもの。
でも市の鳥はメジロだったりする・・
村 IMG_2272.jpg

テトラポッド地紋の基準点
村 IMG_2257.jpg

トミスの制水弁
調布市で見たときは、水の1画目が鍵穴になっていた。
村 IMG_2261.jpg


砂利で埋もれそうになっている止水栓
村 IMG_2280.jpg


真ん中が楕円なのは、十条駅東側にある給水弁と同じ。
そしてこれは調布市でも見ている。
多摩地方に多いのかな?
十条 P1000013.jpg

緑色はガス蓋の目印になっているようだ。
星の中にB。
武州?と思ったら武陽ガスでした。
村 IMG_2270.jpg

武陽ガスの営業エリアは、
福生市・武蔵村山市・羽村市・あきる野市・瑞穂町・日の出町。
うん。どこだか全く想像がつきません(すまぬ
村 IMG_2271.jpg

去年の秋に、ふと思い立っておうどんを食べに行ったときに見つけた蓋たちです。
移動手段は主に車を使うところのようで、歩いているのは手押し車の高齢者だけ。
自転車がチラホラ。
田畑の広がる所で、所々の区画が駐車場になったりアパートになったり。
町の変化の途中を見ているようで楽しかった。
普段はぎゅうぎゅうに建物が詰まったところばかり見て生活しているので。
そうそう。畑の土がふっかふかでした。触ってみたかった。。
たまに遠出するのは蓋探索という点では魅力的だけれど、無事時間内に帰りつけるか
かなりドキドキするわ。
今年はどこの町へ出かけましょうか。


| caerulea | マンホール | comments(0) | - | pookmark |
「水道 空氣弁」のタイプ違いと「制水弁」
2014.09.17 Wednesday 23:34
 「水道 空気弁」蓋の「気」の旧字体バージョンである、「水道 空氣弁」の蓋。
いろいろたまってきたので比較してみる。。

(1)非対称の蓋
  水の字が一マス外側にずれている。
(水と道の間に菱形が3つ。以下紹介する蓋は菱形が2つ。)
空気弁 P1000114.jpg

(拡大)
空 P1000114-1

(2)
空気弁 P1110773.jpg

空 P1110773-1
空の左上下、弁の右上下の菱形に横棒が入っている。

(3)
空気弁 P1110775.jpg

空 P1110775-1

(2)と(3)の空氣弁の字が微妙に異なっている。
氣の字が(3)の方が右に倒れ気味。
弁の字の5画目の長さの違い。

空氣弁の部分は、型を作るときに手書きで書き込んでいたのだろうか。


今回新しく見つけた蓋。
(4)
空気弁 IMG_1881

空 IMG_1881-1
水道の文字が楷書体になっている。
空と弁の上下の横棒は、(2)と同じ。
空氣弁の字は(3)に似ている。

楷書繋がりで。同じ日に近所で制水弁の蓋も発見。
制水弁 IMG_1901
水道の「道」だけが楷書体。
水道の列には横棒が10本。
制水弁の四角い蓋は、2枚一組ものはアルバムにあるが、
1枚ものは無かった。(制水弁空気弁、という1枚の蓋は発見済)
ありふれているからスルーしているのか、1枚のものは少ないのか?

おまけ。
水道が楷書体の区画量水器の蓋。
水道 楷書 P1140203.jpg

水道 楷書 P1140203-1
摩耗しているから同じではないものの、(4)の字と似ている。


よく見るといろいろあるものですね。


| caerulea | マンホール | comments(0) | - | pookmark |
川崎市のマンホール その2
2014.09.07 Sunday 23:33
2学期が始まりました。
早速息子が発熱して、波乱の幕開け。
今年度は入院はしたくない、いや今年は、いや今月は・・と
どんどん範囲が狭まってきています。
どうなりますやら。

涼しくなってきたので多肉の植え替えも始めました。
この春に(雪で傷んだ関係で)何もできなかった植え替え作業。
秋は頑張りますよ〜。


さて今更な感じもしますが、
せっかく撮ったので、その1に続いて川崎の蓋のその2をどうぞ。

下水道の蓋。真ん中の花は川崎市の花のツツジ。
その周りにある花がツバキ。川崎市の木。
 川崎 IMG_1720.jpg

この蓋に似たもの(確かツバキの部分が凹んでいた)を
越境蓋として見つけたことがあったのでした。
川崎 IMG_1735-2.jpg

消火栓。単口消火栓では消防ポンプ車1台に接続。
水道管は15センチ以上。
双口消火栓は消防ポンプ車2台に接続できる。
水道管は30センチ以上必要。
川崎 IMG_1722-1.jpg

消火栓を調べていて出てきたのですが、
断水時に海水を利用する自治体もあるのですね。


四角い蓋もありました。
川崎 IMG_1730.jpg

川崎 IMG_1725.jpg

空気弁も単口と双口・・・と思ったら多排空気弁だった。
多排空気弁とは、大量の低圧空気を急速に吸排できるようにしたもの。だそうで。。
形状ではなく能力での区別なのか。
川崎 IMG_1728.jpg

川崎 IMG_1723.jpg

川崎 IMG_1743-1.jpg

SVはストップバルブでしょうか。
川崎 IMG_1734-2.jpg

ハンドホールはいくつか撮りましたがここでは省略。

見るものすべてが初めての蓋というのはとても興奮しますね。
またアドレナリンの放出が足りないなと感じたら、23区外にお出かけします。



| caerulea | マンホール | comments(0) | - | pookmark |
←back 2/15 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ミニ雛人形
アクセスカウンター
おすすめ
お買い物♪
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM