ジップロックで手づくり味噌 その1
2014.01.19 Sunday 23:59
年末になると、近所のスーパーには手作り味噌セットの販売のお知らせが掲示されます。

毎年気になっていたのですが、樽なんて置く場所が無いし
虫が湧いたらどうするのなんて思い、
あきらめていました。

しかし世の中には便利なものがある!
ジップロックのような保存袋に入れて味噌を作っているブログの記事を見つけたのです。

これだったら何とか場所を確保できると思い、早速申し込みました。

みそ RIMG2391.jpg
大豆    1
米こうじ  1
塩    500g
作り方の説明書付きです。

米こうじは生きているから購入後すぐに使った方がよいとのこと。

セットを受け取った昨日(土曜)の夜に、
大豆を洗って水につけて味噌作り開始!

みそ RIMG2393
4時間ぐらいで一気に体積が増えていました。
水面から出て室温が高いと発芽するって。モヤシは作りたくない(+_+)

みそ RIMG2394
お昼御飯までに完成させないといけないので、
今朝はいつもより1時間半も早起きしてしまいました。
一晩置くとさらに水を吸って、水面がはるか下に。。こりゃまずい。

圧力なべで、大豆を柔らかく炊きます。
みそ RIMG2396
購入して15年目にして初めて使う、圧力なべ用の落とし蓋。
豆の皮が蓋に付くと、圧力を調整できなくなり危険なので
豆を炊くときには落とし蓋が必要なんだって。

めっちゃ膨らんだ1圓瞭Α
圧力なべの1/4以下までしか入れられないので、
4回に分けて炊くことにしました。
圧をかけるのは10分ちょい。

ふやかすための鍋、圧力鍋、水を切るためのボウル、潰した大豆を入れる鍋。
うちの中の大きめの鍋を総動員しました(汗

豆を潰すのは、ブラウンのハンドブレンダーについてきたチョッパーというフープロみたいなもの。

1回でカップ1.5杯ぐらいしか入れられず、しかも下の方しか潰せてないから
何度も何度もスプーンでかきまわす。。。
みそ RIMG2399.jpg
修羅場の1枚。

豆を炊いている間に、塩とこうじを混ぜておきます。

豆250gぶん(圧力鍋1回分)で、ボウルいっぱいになりました。
みそ RIMG2400.jpg
どう考えても、混ぜたらあふれるよね。。

みそ RIMG2402.jpg
修羅場2枚目。
水分量が足りなかったかも。
潰し方がいい加減で、豆の粒が結構残っている。(ロットA)

この次は煮汁を少し足して緩くした。(ロットB)

ロットCとDは炊く時間を少し長めにして柔らかくしたので
水分量も増えていた。
しっかり潰したので、粒はあまり残っていないはず。

というわけで随分ばらつきのある仕上がりになりました。。

みそ RIMG2409.jpg
お団子を4つずつ、ジッパー付きの袋に入れて空気を出来るだけ抜いて保存します。
(ジップロックが売られてなかったので「もどき」の袋なんだけど)

液体が出てきて漏れたとか
袋が破れたとか
カビが生えたとか
検索していると怖い話が次々出てくるので、2個ずつ更に袋に入れました。

寒い今の時期に仕込んだものは、夏を越えたら美味しく食べることができるとのこと。
たまにカビてないかとかチェックしなきゃね。
あまり構いすぎたら空気が入ってカビる原因になるので、しばらく忘れることにします。。

(追記)
甘酒を作るときも米麹を使うけれど、適温が60℃。
なぜ味噌を仕込む時の温度は人肌以下で良いんだろうと思っていた。

甘酒を作るときには米こうじの麹カビ菌の酵素の力を使って米を糖化させていて、
麹カビ菌そのものは死滅している。

麹カビ菌の増殖温度は25〜30℃で、50℃前後で死滅する。
増殖の適温以上になると麹カビ菌よりも他の雑菌の増殖を招くので、
味噌作りには寒い時期が適していると言われている・・・

同じ米こうじでも、目的に合わせて仕込む温度を変えているなんて
昔の人の知恵は素晴らしいものだなと思う。

味噌も甘酒もスーパーで手に入るけれども
そんな昔の人の手仕事に思いを寄せながら
自分で作ってみるのは、とても楽しい。


| caerulea | 食べ物 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
2017.06.18 Sunday 23:59
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2014/01/20 9:57 PM posted by: ちまき
詳しいレポ、楽しく拝見しました!
しかし、やはり大豆1キロは途中、かなり大変そう(汗
クックパッドでもっと少量からあったから私はそっちの方がいいかも・・・。
カビたとかってのがどうしても尻込みする要因でもあるんですがやっぱり面白そうです♪

あとジップロックもどきに書いてあるアルファベットが気になっていたのですが、なんとロットナンバーだったのですね!
そういうところがさすがですっ!
2014/01/20 11:38 PM posted by: caerulea
>ちまきさん
今回手作りセットを買ったので、次回は半分量をを自分で調達しても良いかなと思っています。
3.5kgを消費できるかどうか、自信が無いし。。

1回、ゆでる量や潰す量を把握してしまえば
あとは流れ作業で「生産」できます。
お漬物を作るキッチン付きの小屋なんてあれば良いんだけどなぁ。
田舎の農家だったら、そういうのがありそうですね。

ロットナンバーはあとから食べ比べるときに必要かと思って。
実はCとDも豆の量が少し違っているので(塩&麹は等量使った)お団子の写真を撮ってありますw

こういう普通ちょっとめんどうに思える手づくりの作業って
私もちまきさんも好きな分野ですよね(にやり
是非是非ことしチャレンジしてみてくださいな〜。
name:
email:
url:
comments:
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ミニ雛人形
アクセスカウンター
おすすめ
お買い物♪
にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM